副腎腫瘍摘出手術

今回は実際に千葉どうぶつ総合病院で行われた、副腎腫瘍摘出手術の症例についてご紹介いたします。

1.基本情報(患者情報および状態の所感)

  • 犬種:ミックス
  • 年齢:11歳
  • 性別:去勢雄
  • 体重:6.6kg
  • 主訴:他疾患検査時に腹腔内腫瘍が認められて他院より紹介受診

2.実例(検査~手術~術後までのプロセス)

検査所見

超音波検査
・左副腎の腫大(約3.7×3.8cm)を認めた。
・右副腎の腫大(約1.1×1.3cm)を認めた。

腹部CT検査
・左副腎4cm径に腫大、右副腎1.5cm径に腫大。両副腎とも球形で造影増強は斑。
・左腎静脈は副腎腫瘤により尾側に変位。
・脈管への湿潤所見は認めない、転移所見認めず。
・脳下垂体は描出されず。

以上より機能性副腎腫瘍と診断し、両側副腎腫瘍摘出手術を実施した。

副腎に腫瘍ができると、ホルモンを過剰につくってしまうことがあります
ホルモンを過剰に分泌するかどうかで、副腎腫瘍は機能性副腎腫瘍と非機能性副腎腫瘍に分類されます

手術所見

以下簡単な手術の流れになります。

  1. 剣状突起頭側から臍下にかけて広く正中切開、開腹。
  2. 左副腎4cm径に腫大、球形状で暗青色。周囲組織から剥離し左副腎を摘出。
  3. 右副腎1.5cm径に腫大、頭側側が球形に腫大。周囲組織から剥離し右副腎を摘出。
  4. 定法通り閉腹

Photo

術後所見

術後の経過も非常に良好であり、術後2日で退院となりました。
退院後はホルモン補充療法にて通院治療継続し、現在まで経過良好です。